思い出がたっぷりつまった車は乗り続けた方が良い

トップページ
お気に入りに追加
  

思い出がたっぷりつまった車は乗り続けた方が良い

修理をして車検を通した方が良いのか、または思い切って買い替えてしまった方が良いのか悩む値段として想定できるのは、15万円から20万円だと思います。

 

車検は、新車で購入してから最初は3年、その後は2年ごとに行うとされていますが、車のコンディションが悪くなるにつれて直す部分も増えるため金額も増していきます。

今回は15万から20万でも、2年後には更なる出費が待ち受けている可能性があるというわけです。

 

では買い替えた方が良いのではないかと思いますが、それは一概には言えません。

現金で購入できば買い替えに反対する理由はありませんが、ローンを組む場合、総額でいくらの利子を払うのかという点も計算して、どちらか損をしないのか決める必要があります。

 

それから、車を下取りに出した場合いくらで買い取ってもらえるかという点も調べた方が良いでしょう。高い値段を提示してもらえたのであれば、ローンを組んで購入しても問題がないように思います。

 

また、その車に対する思い入れというものもあるかと思います。

お金で買うことができない思い出がたっぷりつまった車であれば、20万弱という金額を出して乗り続けた方が良いのではないでしょうか。

 

昔は10万キロが車の買い替えの目安とされていましたが、最近の車はすぐにダメになるものではありません。

一人一人、様々な考え方や背景があると思うので、自分は修理をして車検を通した方が良いのか、買い替えた方がよいのか即決するのではなくて様々な観点から考えてみる必要があります。