修理か買い替えで迷うなら即買い替えです

トップページ
お気に入りに追加
  

修理か買い替えで迷うなら即買い替えです

車を買い替えるタイミングは、色々あると思います。

通常、車が趣味でなく、実用性を求めて利用している人々の大半が、得か損かで判断していると思います。

 

主なタイミングは、車検前ですが、エコカー減税や燃費等も計算しているように思います。

普通のガソリン車から、ハイブリッドカーに買い換えれば、燃費がよくなるため、月々の維持費も安くなります。

 

また、エコカー減税で自動車重量税や自動車取得税が安くなります。

それだけではありません。新車登録から13年以上経過した車には、自動車税と自動車重量税が加算されます。

 

一方、旧車を趣味で乗っている人も少なからずいます。

また、特別な思い入れのある車の人もいるでしょう。

 

そういう場合は、お金より大切なものがあるため、その車を大切に乗るケースが多いです。

部品代がいくら掛かるという問題ではなく、部品がなくて、海外から取り寄せたり、ワンオフで製作したりします。

 

こういう旧車は、オーナーから大切にされるし、どんどん廃車にされますから、将来的に手放す場合、中古車市場で高い値段が付く可能性が高いです。

特に、珍しい車なら、その傾向が強いです。

2000GTとかハコスカGT-R、フェアレディ240Z等は、そういう車の典型例です。

 

車検が通らず、修理の見積もり額約15~20万円で買い替えを悩むようなら、即買い替えをお勧めします。

車は、機械部品であり、経年と共に故障が増えていきます。

 

機械部分だけでなく、電気部品も壊れます。

古い車を乗るという事は、燃費が悪いだけでなく、あちこち壊れる可能性が高いです。

 

単純に壊れなくて維持費が安いという観点で車を選ぶのなら、新しい車がお勧めです。

車検は、最低限の整備であり、車本来の性能を保証するものではありません。

 

また、車検が通ったからといって、すぐに壊れないという保証は、全くありません。

あくまで二年に一回の検査に過ぎないのです。