買い替えか修理かは、車の寿命を考えて決める

トップページ
お気に入りに追加
  

買い替えか修理かは、車の寿命を考えて決める

修理が必要で車検を通らなかった場合、車の状態によって修理すべきか買い替えを考えるべきかが変わってきます。
修理に15万円~20万円ほどかかると言うことですが、この時点でその車の状態がどのようなものなのかをしっかりと把握する必要があります。

 

車には走行できる距離というものがある程度決まっており、それはエンジンなどの傷み具合で決まってくると言われています。

どのような車であっても、走行距離が10万キロ~20万キロ程度を超えてくると必ずどこかしらに異常が出て来てしまいます。

 

これはいくら外装を綺麗に保てていたとしても、内部のエンジンなどが劣化や摩耗をしてしまうため、どうしても部品を変えるとか、最悪の場合エンジンを積みかえるといった修理が必要になってしまいます。

 

修理費用が20万円程度かかり車検を通らないと言う状態であれば、おそらく内部のエンジン関係の修理が必要だと判断が出来ます。

その時点ですでに走行距離が20万キロ程度走っていた場合、仮に修理をしたとしても他の場所が故障してくる可能性が極めて高いと言えます。

 

ですから走行距離が20万キロを超えている、もしくはそれに近い距離であるのであれば、修理を行わずに買い替えを考えたほうが良いかもしれません。

 

思い入れがある車であれば修理をしても良いとは思いますが、他の部分の故障が発生するかもしれないと言うことは了承しておく必要があるでしょう。

 

逆に走行距離が数万キロ程度で修理費用が20万円程度かかる場合、まだまだ車の寿命ではないと言えますから、修理をして乗ったほうが良いでしょう。

もちろん修理する部分によっては、修理をせずに買い替えをしたほうが安心できるという場合もありますので、修理工場としっかり話し合いをして決めたほうがよいでしょう。